小学生の家庭学習教材ランキング「子供がやる気を出して勉強する方法を教えます!」

「ブンブンどりむ」の評価・解説

 

 

 

 

ブンブンどりむは学習教材も珍しい作文通信教材になります。他の教科とは違い、作文は書き方を知らないと自分で実践するのは難しいですよね。書く力を身に付けることにより、思考力、表現力、判断力、知識活用力も発揮でき将来入試や入社試験でも役立ちます。



ブンブンどりむの詳細を見る≫

 

「ブンブンどりむ」の3つのおすすめポイント

 

おすすめポイント1:学年ごとに対象コースが設置されている

作文の場合は、低学年、高学年など、学習方法も大まかに分けられてしまいがちですが、ブンブンどりむは、学年ごとに対象コースが設置されているので無理なく受講できます。1年生の場合は、50〜200文字の作文、6年生になると400〜600字に増えます。段階を追った無理のないカリキュラムなので子供戸惑う事なく学習できます。

 

おすすめポイント2:添削指導も充実

ブンブンどりむでは、1年生〜5年生までが課題シートを毎月2回、6年生は模擬テストを毎月1回提出し、後日赤ペンコーチが添削し返却してくれます。作文の場合は、他の教科と違い保護者でも添削が難しいといわれています。プロのコーチがきちんと添削してくれるので子供にも理解しやすいです。また1年生〜5年生は月に2回添削を行ってもらえるのも嬉しいですね。

 

おすすめポイント3:副教材が充実している

ブンブンどりむでは、テキストの他にも副教材などが充実しています。知識を活用するPISA型問題に取り組む「国語力ステップアップブック」や算数や生活科の知識をもとに、問題分析、解決などを論理的に記述する方法を学ぶ「問題解決ドリル」、読解力をアップする「絵本」なども毎月付いてくるので充実した内容の教材が多いです。

 

 

 

 

「ブンブンどりむ」の評価

 

信頼性について : 

ブンブンどりむは、明治大学教授の齋藤孝先生が監修をしてくれています。先生は、将来就職試験を受ける時に、企業側が採用したいと思ってもらえるようになる為には、小学校から考える力や書く力を養うことが大切だと考えています。自分の頭でしっかり考え、表現できることは将来社会で通用する力になります。

 

実績について : 

ブンブンドリムでは、通信教育では驚異的な課題提出率が80%となっています。これは、子供が無理なく学習できているという結果であり、更に効率良く学習に取り組めるように教材が工夫されているからです。また丁寧な添削が更に子供のやる気を高めてくれています。

 

サービスについて : 

ブンブンドリムでは、公式HPで保護者向けに様々な情報を提供してくれています。例えば「カウンセリングルーム」では、子供の様々な悩みについて専門家の解答が掲載され、「教育の現場から」という項目では、子供を取り巻く環境について社会の動きを伝えてくれます。普段なかなか仕事が忙しく子供と関わる機会がないという保護者の方に読んで頂きたい内容が沢山掲載されています。

 

独自性について : 

作文の学習というと文字だけが並び少し堅苦しいようなイメージがあるかと思いますが、ブンブンどりむは、テキストがカラーで絵が沢山使用されています。ですから、子供でも楽しみながら学習できます。また学習時間も10分と負担なくできるのも嬉しいですね。

 

費用について : 

ブンブンどりむは、作文通信教材としては少し高めの料金になっています。ただし、小学校1年生〜5年生までは月2回課題の添削を行ってもらえるので作文力をつけさせるにはお得になります。無料体験キットなども申し込めるので、始める前に一度体験してみるのも良いかもしれません。

 

 

 

 

「ブンブンどりむ」の概要
運営会社 (株)どりむ社
コース・費用

小学生
1年生 月額4,500円
2〜6年生 月額4,950円

 

※入会金不要
※費用は変わることがあるので必ず公式サイトでご確認ください。

公式サイト http://www.bunbun-dorimu.net/


月刊ポピー スマイルゼミ ドラゼミ

私自身が小6から使っていた家庭学習教材で、やればやるだけ成績が伸びていきました!


勉強嫌いの子供が自分から勉強するようになる!使いやすいタブレットの家庭学習教材。


余計なふろくが付いてこないシンプルな学習教材。子供のヤル気を引き出す教材です。


スタディサプリ デキタス

月額980円で利用できるオンライン学習教材。家計に優しい&本格的な教材です。


「勉強=楽しい」というイメージを子供の潜在意識にすり込む工夫が満載。


なるべく早めに始めることをオススメします!