家庭学習教材 人気ベスト5

 

 

家庭学習教材には4種類ある

 

世の中にはいろいろな家庭学習教材があって、それぞれに個性的な特徴があります。なので、まずは「どんな種類の家庭学習教材があるのか?」ということを知識として知っていただいて、そのうえで「うちの子にはどの家庭学習教材が合うのか?」ということを考えることが大切になってきます。

 

では、具体的にどんな種類の家庭学習教材があるでしょうか? 細かい分類は難しいですが、あえて分類するなら、「冊子タイプの教材」「専用タブレット教材&タッチペン」「オンライン教材」「通信添削教材」の4種類に分けられるかなと思います。

 

4種類それぞれに特徴があります

 

ということで、まずはそれら4種類について、基礎知識を簡潔にまとめてみたいと思います。そして、それらを理解したうえで、当サイトのランキング等を参考にしてみてください。そうすれば、間違いのない家庭学習教材選びができるはずです。

 

【1】冊子タイプの教材

冊子タイプの教材というのは、昔からある「テキスト&問題集」が毎月郵送で送られてくるものです。私が子供の頃に使っていた「月刊ポピー」などが代表的ですね。

 

月刊ポピーなどの冊子タイプの教材は、シンプルで使いやすいんですが、勉強する習慣が身についてない子供に「丸投げ(まるなげ)」してもうまくいきません。最初のうちは、親御さんがいちいち見てあげることが大切です。

 

逆に、いったん勉強する習慣がついたら、これほど勉強しやすい家庭学習教材もありません。毎月全部の問題をさばいていくのが快感になってくるんです。私がそうでした。その結果、成績がドンドン上がっていったわけです。

 

【2】専用タブレット教材&タッチペン

今、個人的にすごくいいなと思ってるのが、専用のタブレットを使った教材です。分かりやすい短時間の講義を視聴して、関連する問題を解いていくんですが、五感を刺激する要素が満載で、ゲーム感覚で楽しく勉強できるように工夫されています。これは「子供にとってのメリット」ですよね。

 

そして、たんなる参考書や問題集と決定的に違うポイントとして、「どこまで進んだか?」「どこでつまづいているか?」を、分かりやすいレポートにまとめる機能がついてるのもいいところ。つまり、お子さんの現時点の進捗状況が一目瞭然になるわけです。これはまさに「親御さんにとってのメリット」と言えますね。

 

個人的な意見ですが、おそらく今後(3年、5年、10年後…)の家庭学習教材の主流は、完全に「専用タブレット教材&タッチペン」になっていくと考えます。「スマイルゼミ」などが代表的です。

 

【3】オンライン教材

オンライン教材というのは、パソコンやスマホでウェブサイトにログインして、例えば「有名講師の授業」を視聴するなどできるサービスです。ウェブサイトで問題集をダウンロードできたりするので、「授業を視聴 → 印刷して問題を解く」という流れで勉強できます。

 

学校の授業って、「お子さんと教師の相性」が大切だったりしますよね。私も経験ありますが、「この先生キライだなー」とか、「この先生の授業わかりにくいなー」とか、そうなるとその科目がキライになったりするわけです。もしお子さんがそういう状況なら、学校の先生とは別に、一流講師の授業で学べる環境を用意してあげると、お子さんにとってメリットが多いと思います。

 

有名なところでは「スタディサプリ」などがあります。シンプルなサービスで、システム開発にそれほどお金がかかってないので、驚くほど低料金で利用できるのが魅力的なポイントです。

 

【4】通信添削教材

テキスト&問題集&添削サービスがセットになっているのが通信添削教材です。まずはテキストでお勉強、そして問題集を解いて理解を深めます。で、最後に課題のテストを解いて郵送すると、赤ペンで丁寧(ていねい)に添削した答案が送り返されてきます。

 

子供にとって、誰かが自分のことを大切に見守ってくれている環境は、とても安心できるものだと思います。そういう意味で、赤ペン添削してもらえて、親身なアドバイスをもらえることは、ヤル気につながる効果が期待できます。

 

このタイプの代表的なのが「ドラゼミ」ですね。ドラ●もんというキャラクターを採用してることからも、特に低学年のお子さんがいらっしゃるご家庭に向いてると思います。

 

 

 

それではいよいよお待ちかね。当サイトで人気のある家庭学習教材ベスト5をご紹介します。

 

無料でサンプルをもらえるものや、数日間のお試しができるものもあります。なので、実物を取り寄せてみて、お子さんといっしょに比較してみるといいかもしれないですね。


 

家庭学習教材 人気ベスト5

 

スマイルゼミの特徴
専用タブレット端末を使って勉強する家庭学習教材。「動きのある解説」や「音声による解説」はタブレット教材ならでは。勉強が苦手なお子さんでも、楽しく学べると評判です。優れた学習管理機能も魅力的。苦手分野を残さず、高い学習効果が期待できます。
価格
(小学生コース)月3,600円〜
評価
評価5
備考
専用のタブレット端末を使用
スマイルゼミの総評

タブレット端末で勉強するなんて、お父さんお母さん世代には不思議な感覚ではないかと思います。そんなもので勉強になるのかと、不安になるかもしれません。私も最初はそう思ったんですが、実物を見せてもらって印象がガラッと変わりました。

というのも、ビジュアル、音声、タッチペンの連動で、いわゆる五感を刺激する学習教材だったからです。退屈せずに勉強が進みますし、脳が活性化して吸収力も高まると感じました。

月刊ポピーの特徴
半世紀ほど前から存在する、伝統と実績のある家庭学習教材。教科書に準拠した構成になっていて、学校の授業の予習・復習に最適です。ごくシンプルな家庭学習教材なので、お値段的にもリーズナブル。高校入試まで、ポピーだけで十分に対応できます。
価格
(小学ポピー)月2,700円〜
評価
評価4.5
備考
見本を無料で送ってもらえます
月刊ポピーの総評

私が小・中学生のころに勉強していた家庭学習教材。最初は勉強が苦手で、1ヶ月分を終わらせるのにかなり苦労したのを覚えています。いつも母に怒られながら、泣きながらポピーに取り組んでました(笑)

ですが、人間って成長するものですね。しだいに勉強の習慣がついてきて、怒られなくても勉強するようになったんです。すると、成績もグングン伸びて、勉強が楽しくなりました。そんな経験があるため、個人的にかなりおすすめです。

スタディサプリの特徴
人気講師の授業を視聴できる家庭学習教材。1コマ15分ほどの授業で内容を理解し、ドリルを解いて理解を深めます。授業は何度でも繰り返し視聴できるので、学校の授業のように、わからないまま先に進んでしまうことがありません。先取り学習にも最適。
価格
(全学年)月980円
評価
評価3.5
備考
・14日間、無料で試せます
・大学受験までずっと利用できます
スタディサプリの総評

子供って、先生との相性によって、勉強の好き嫌いを左右されがちです。つまり、先生のことが好きだと勉強好きになり、先生のことが嫌いだと勉強嫌いになるわけです。これはとても悲劇だと思います。

そこで、こちらのスタディサプリ。人気講師のわかりやすい授業に「なるほど!」「わかった!」という経験ができるため、勉強が自然に好きになります。学校の授業が分かりにくくても、スタディサプリがあれば大丈夫。何度も予習復習できるので利用価値が高いです。

デキタスの特徴
オンラインで学べるWEB学習システム。パソコンやタブレットで、ネット環境さえあれば、リビングでも旅行先でもどこでも勉強できます。保護者が学習の進捗状況を確認できる機能もあるので(ネットで確認できます)、勉強がほったらかしにならず安心です。
価格
(小学生コース)3,000円〜
評価
評価4
備考
5日間、無料で試せます(登録はメールアドレスのみ)
デキタスの総評

子供って、iPadなどのタブレットが大好きですよね? なので、デキタスのようなオンライン教材なら、ゲーム感覚で勉強に興味を持つと思います。しかも、可愛いキャラクターといっしょに勉強できるので、勉強嫌いのお子さんでも続けやすいはずです。

ただし、いきなり入会するのではなくて、お子さんの実際の反応を確認したほうがいいです。5日間だけですが、無料で試せるので、実際にお子さんといっしょに使ってみてください。

ドラゼミの特徴
子供が大好きなドラ○もんの家庭学習教材。ドラ○もんの効果は想像以上で、子供のやる気に火がつくと評判です。長年実績のある家庭学習教材なので、子供が勉強したくなる工夫がいたるところに見られます。赤ペンによる添削指導付きなのも魅力的です。
価格
(小学生コース)月3,333円〜
評価
評価3
備考
見本を無料で送ってもらえます
ドラゼミの総評

人間の脳には「連想」する機能があります。この連想の働きを効果的に利用すれば、人生を効果的に生きられるとよく言われます。

例えば、こちらのドラゼミ。「ドラ○もん」というキャラクターと「勉強」が潜在意識でつながることで、「勉強=好き、楽しい」と、子供が自動的に連想するようになります。逆に、テレビでドラ○もんを見るたびに「勉強しなくちゃ!」という連想も働くようになります。この効果は何気に強力です。