九州大学に合格した私の家庭学習体験談

九州大学に合格した私の家庭学習体験を全てお話しします!

プロフィール

 

名前 浅田聡志(仮名)
年齢 20歳
職業 学生(九州大学工学部在籍)

 

小学5年生 健康診断で腎臓の調子が悪いことが判明し入院
小学6年生 夏ごろ退院するも、すっかり落ちこぼれに
中学1年生 なんとか平均点くらい取れるように
中学2年生 学年ベスト20に入る
中学3年生 学年ベスト3に入る
高校1年生 福岡の某進学校に入学
大学1年生 現役で九州大学工学部入学

 

ここでは、小学生のときに完全に落ちこぼれ状態だった私が、その後どうやって学力を伸ばしたのかという話をさせていただきます。特に小学生のお子さんをお持ちの親御さんに、参考にしていただければうれしいです。

 

※当サイト公開当時のデータです。

 

九州大学に合格した私の家庭学習体験談記事一覧

私は幼少の頃、九州の熊本県で育ちました。住んでたところがちょっと田舎で、周りには自然がいっぱいあったので、暗くなるまで外で走り回って遊んでました。近所にちょっとした森みたいなところがあって、夏はカブトムシとかを捕りに行ってました。すごくいい感じのクヌギの木が3本ほどあって、そこにいけばいつもカブトムシやクワガタムシをつかまえることができたんです。ゲームもやりましたが、どちらかと言うと、外で友達と遊...

冒頭でもお話ししましたが、私は小学5年生のときに、健康診断の尿検査で引っかかりました。そして、病院に検査しに行ったところ、そのまま入院するようにと言われたんです。「腎臓」の機能が低下しているとのことでした・・・。腎臓が悪い場合の治療は、とにかく安静にしていることと、塩分を控えた食事制限と、数種類の薬の服用になります。そのため、基本的には、ずっと病院のベッドで横になって過ごしていることが求められまし...

約1年間の入院生活から解放され、小学6年生の夏休み明けから学校に通うようになりました。しかし、そこでの私は、まさに「浦島太郎」のような状態でした。久しぶりに会った友達も、どこかよそよそしい雰囲気になっていましたし、私自身も入院前とはかなり違っていました。例えば、1年間ずっとベッドで寝てたので、とにかく体力がなくなっていたんです。以前はあんなに走り回っていたのに、退院してからは、すごく疲れやすくなっ...

中学に上がるタイミングで父の仕事の関係で、福岡に引越すことになりました。ちなみに・・・熊本に住んでいるときは、「福岡=すごい都会」というイメージを持っていました。おそらく、埼玉や栃木に住んでいる人が、東京に対して持つようなイメージだと思います。そのため、中学生になるのと同時に、大都会(?)の福岡に引っ越すということに、かなりの不安を覚えました。つまり、「福岡は勉強のレベルも熊本より高いのではないか...

中学1年生のころに、家庭学習をコツコツ実践したおかげで、なんとか平均点が取れるようになりました。中学生活のスタート時点では、成績がほんとに悪かったので、学校の先生からも「がんばったなー」ってホメてもらったりして、すごくうれしかった記憶があります。こうやって、他人に認められて、評価されるというのはとても大切で、ホメられればイヤな気はしないし、もっとがんばってみようかなって気にもなってきます。学校の先...

高校生になってからは、まわりのヤツらのレベルも高かったので、中学時代のような快進撃はありませんでした。ですが、普通にコツコツ勉強していましたし、成績は校内で中の上くらいでした。私は結局、九州大学の工学部に合格したわけですが、本来なら大学受験の必勝法みたいなお話もするべきかなとは思います。ただし、大学受験のお話をすると、長くなってしまいますし、このサイトを立ち上げた本来の趣旨がボヤけてしまうような気...

私は現在(※当サイト運営開始当時)、アルバイトで家庭教師をやっています。中学生が2人と、高校生が1人です。数学と英語をメインに教えていますが、他の教科についても、つまずいている点を毎回聞き出しながら、随時サポートするようにしています。どの子もいい子なんですが、勉強に関してはちょっと甘さが見られるように思います。と言うのも、どうしても勉強を受け身の姿勢で行なっているように感じるんです。成績を爆発的に...