小学生の家庭学習教材ランキング「子供がやる気を出して勉強する方法を教えます!」

「月刊ポピー(小学ポピー、中学ポピー)」の評価・解説

 

 

 

 

月刊ポピーは、40年以上の歴史がある学習教材で、お母様達の中では自分が子供の頃に学習した経験があるという方も多いのではないでしょうか? そういう当サイト管理人も、子供の頃に月刊ポピーを使って勉強していました。学校の教科者に沿った教材だけではなく、1日1回行う付属のドリルも充実しており、勉強する姿勢が自然と身に着くと口コミでも評価を得ています。



月刊ポピーの詳細を見る≫

 

「月刊ポピー」の3つのおすすめポイント

 

おすすめポイント1:教材が安い

ポピーは、他の学習教材に比べても安価な料金で学習できます。これだけ充実した教材にも関わらず料金が安いというのは家計にも有難いですね。料金が安い分、他の習い事などに通わせる事もできるかと思います。

 

おすすめポイント2:教材がカラフル

ポピーは、子供が勉強に親しめるよう、教材は絵や色が多く使用されています。これなら勉強に抵抗がある子供も楽しみながら勉強を行えます。また、勉強を行った日に毎回シールを貼って達成感を味わえる工夫もされていているので、子供達にも喜ばれています。

 

おすすめポイント3:無駄な付録がついていない

ポピーは、学習の教材がメインであって、過度な付録などは付いていません。付録が付いていてもほとんど使用しない場合や、毎月付録の置き場に困ってしまうという方は、付録がない方が続けやすいかもしれません。付録が付いていない分毎月の教材費が安く済むのでお得です。

 

 

 

 

「月刊ポピー」の評価

 

信頼性について : 

ポピーは学校の教科書に沿った内容の教材となっていますが、学校のテストでも出題されそうな部分をきちんとピックアップして、教材が作られています。そのお陰で、テストでも同じような問題が出て解く事が出来たという子供が多くいます。テストが出来たという事が次の勉強への自信にも繋がります。

 

実績について : 

ポピーは、学校の教科書に沿った教材と、その他にも付属の教材で「やりきりドリル」というものがあります。この「やりきりドリル」は1日に1回学習するというものなので、毎日学習するという姿勢が自然と身につきます。1ページの少しの量でも毎日続けてやるという事がとても大切なのです。この学習のお陰で子供が自然と毎日勉強するようになったという声も多く聞かれます。

 

サービスについて : 

ポピーは、学習した内容を先生に送付して添削をしてもらうというサービスなどはありませんが、その分解答の解説が詳細に記載されている冊子が付いているので、どのように親が教えたら良いか理解しやすく、親子でコミュニケーションをとりながら一緒に楽しみながら勉強を進めていけます。

 

独自性について : 

ポピーの教材は郵便物として届くのではなく、モニターと呼ばれる担当の方が自宅まで教材を配達に来て集金を行うシステムになります。モニターの方と日程の都合が合わない場合などは少し不便に感じる事もあるかもしれません。

 

費用について : 

月刊ポピーはどの年代の教材も他の学習教材比べてとても安価です。特に大きな付録などは付いていないので、勉強だけに集中できます。また、料金が安い分、家計の負担にもならずずっと続けやすいので、兄弟で一緒にポピーを利用するという事も可能になります。

 

 

 

 

「月刊ポピー」の概要
運営会社 全家研(正式名称:全日本家庭教育研究会)
コース・費用

・幼児ポピー 980円
・小学ポピー
 1年生 2,700円
 2年生 2,800円
 3年生 3,100円
 4年生 3,100円
 5年生 3,400円
 6年生 3,400円
・中学ポピー
 1年生 4,600円
 2年生 4,700円
 3年生 4,900円

 

※費用は変わることがあるので必ず公式サイトでご確認ください。

公式サイト http://www.popy.jp/

 

「月刊ポピー」の体験談
体験談1 体験談2

小学校入学前にまだ子供が字をきちんと書けなかった為、市販のドリルを使って練習をしていましたが、購入の...

続きを読む≫

※募集中です。



月刊ポピー スマイルゼミ ドラゼミ

私自身が小6から使っていた家庭学習教材で、やればやるだけ成績が伸びていきました!


勉強嫌いの子供が自分から勉強するようになる!使いやすいタブレットの家庭学習教材。


余計なふろくが付いてこないシンプルな学習教材。子供のヤル気を引き出す教材です。


スタディサプリ デキタス

月額980円で利用できるオンライン学習教材。家計に優しい&本格的な教材です。


「勉強=楽しい」というイメージを子供の潜在意識にすり込む工夫が満載。


なるべく早めに始めることをオススメします!